メニュー
ホーム

商品一覧

お買い物ガイド・送料

よくある質問

運営情報

お問合わせ



商品カテゴリ
通常購入

定期購入



烏骨鶏の歴史
烏骨鶏卵の栄養価
卵の摂取量について
卵と美容の関係
卵を使用した化粧水の作り方
健康面における烏骨鶏卵の作用
卵酢とは?
卵酢の作り方



営業日
 
 
 
 
 
 

■糖尿病にも効果がある烏骨鶏の卵酢


 
 ■用意する道具
 
口広ビン(作る量の倍容量はある口広ビンが望ましい)、ハンドミキサー、ボール2個、泡取り、微細目泡取り、キッチンタオル(ペーパー)、ジョウゴ、保管用ボトル、割り箸、爪楊枝、トレイ、金タワシ、等々
 
 ■作り方
 

1.烏骨鶏卵の洗浄

水道水を流しながら、卵を金タワシで1個づつ綺麗に洗う。

2.水気を拭き取る

洗い終わった卵の水気をキッチンタオルで水気を拭き取り、口広ビンに入れる。

3.酢を入れる

口広ビンにリンゴ酢を入れる。
その内、卵が浮上してくるが、そのままにしておくと浮上している部分の卵殻が融けずに残るので、卵殻が満遍なく融けるよう1日に1回はビンを揺すって卵全体に酢に浸かる様にする。
左図の口広ビンは3000ccのもので、烏骨鶏卵10個とリンゴ酢3本分(1500cc)が入っている。

仕込み後、3日であるが、卵殻は融解して卵は沈下している。
卵殻と酢が化学反応して炭酸ガスを発生し、蓋を押し上げるので、蓋をしたりする。
同時に、ビンの表面には化学反応した結果の泡状のものが浮遊する。

4.卵の洗浄

荒めの泡取り(写真の左のもの)を使い、口広ビンから泡状のものを取り出し、次に卵を取り出す。
取り出した卵はトレイに入れ、水道水で卵の表面に付着しているものを綺麗に洗い流し、別のトレイに入れる。
卵は卵殻が溶け、柔らかくなっているので潰さないよう注意を払う必要がある。

5.水気を拭き取る

別のトレイの卵を1個づつ潰さないようキッチンタオルで包んで水気を拭き取る。

6.ボールに卵を入れる

水気を拭き取った薄皮だけの卵をボールに入れ、爪楊枝で突いて薄皮を割る。
薄皮は爪楊枝か箸で取り除く。もし、血斑が有れば、箸で取り除く(割り箸が使いよい)。

7.酢をボールに入れる

口広ビンに残している卵殻の解けた酢にはまだ泡状のものが残っている。
それらを取り除く為に微細目泡取り(写真の右のもの)を通して酢をボールに移す。
左手に微細目泡取りを、右手に1500cc強の口広ビンを持っての作業となるが、これで泡状のものは綺麗に排除できる。

微細目泡取りは次の作業でも使うので水道で水洗いし、付着した泡状のものを取り除く。

8.ハンドミキサーで撹拌する

ハンドミキサーを使い、ボールの中の卵10個と1500ccの酢を2〜3分撹拌する。
泡が発生するが微細な泡になるまで撹拌する。
出来た泡は短時間では無くならないので微細目泡取りで泡を別のボールに写し取る。

9.保管容器に移す

撹拌され、泡を取り除いたボールの酢卵をジョウゴを使って500ccの保管容器(ペットボトル)に移す。
保管用ペットボトルに栓をして酢卵の出来上がりである。

 
   
             
    Copyright(C) All Rights Reserved.