メニュー
ホーム

商品一覧

お買い物ガイド・送料

よくある質問

運営情報

お問合わせ



商品カテゴリ
通常購入

定期購入



烏骨鶏の歴史
烏骨鶏卵の栄養価
卵の摂取量について
卵と美容の関係
卵を使用した化粧水の作り方
健康面における烏骨鶏卵の作用
卵酢とは?
卵酢の作り方



営業日
 
 
 
 
 
 

■烏骨鶏の卵で作る卵酢


昔から「おちょこ一杯の卵酢を飲むと体によい」と言われています。

それは何故でしょうか。
その秘密は、完全栄養素を含む卵を、醸造酢で卵を殻ごと溶かしているからです。

卵は、それ自体が生命の源であり、卵に含まれる成分がヒヨコの体を形成する元であるから です。生命を造り上げるために必要なビタミン、ミネラル、アミノ酸が完全な形で含まれているのです。

またお酢には、アミノ酸を含む有機酸が多量に含まれていて体の代謝を促進してくれ る働きがあります。歳をとるとともに体のどこかで正常に機能しなくなる部分を正常に働 かせてくれるすばらしい力を持っているのです。

 

■卵酢の秘密


さらに、烏骨鶏の卵で作る酢卵には秘密があります。

烏骨鶏の、ビタミンAはうなぎの9.7倍、鉄分はほうれんそうの9.6倍もあり、注目されているDHA、レシチン、リノール酸、リノレン酸を多く含んでいます。これらは血圧の低下作用や脳、視神経の維持、血液中のコレステロールを減らしてくれる作用があります。

卵酢は、酢と卵を組み合わせただけのものですが、この組み合わせに秘密があるのです。生命の源である卵の栄養素と、酢に溶けた卵の殻のカルシウム(酢酸カルシウム)が吸収されやすい状態で豊富に含まれているのです

また、糖尿病は日本人に最も多い生活習慣病ですが、その90%がインスリンが分泌されながらも作用しなくなるインスリン非依存型の糖尿病です。これは食事からの亜鉛不足が大きく影響しているものと言われています。

酢卵に含まれる亜鉛は吸収が抜群によく、インスリンの作用を助ける働きがあります。
これほどにすばらしい魅力のある酢卵だからこそ、二千年もの間、代々受け継がれてきたのでしょう。

沢山の方々がご自分で卵酢を造り飲んだ経験がおありでしょう。また、お飲みになられたご自分が一番ご理解なされ、納得されたこととご察しいたします。

卵酢の効能には、速効性は期待出来ません。早くとも2〜3月を駆けて自然治癒力に頼るものです。出来るだけ長くお使い頂くことが大切なのです。

 
   
             
    Copyright(C) All Rights Reserved.